QLOOKアクセス解析

テレもちゃ 特殊戦闘員ダイノボット

2013.11.23 (Sat)
( ノ゚Д゚)おはようゴザイマス
今日はテレもちゃ版ダイノボットのレビューです~

tm dinobot

tm dinobot (1)
tm dinobot (2)
2007年に始まった BWのトイとアニメが1話入ったDVDのセットをウリにしたテレもちゃシリーズです
今の目で見ても凄いレベルでビーストの劇中に近い豪華塗装が施されてたりしたのですが中途半端なラインナップや
同じ年に実写版1作目のトイが発売されてしまった為にあっという間に棚の守護神と化してしまいました

そんな不幸なこのシリーズですがビーストを見て育った自分は結構好きですw
さて、このダイノボットですが当時発売されていた物と塗装以外の変更点はありません
爪や歯などが塗られているのはいいんですが、シマシマ恐竜だったはずなのに何故が焼け焦げたような塗装になってしまいっましたw

tm dinobot (3)
他のキャラがほんとに再現度が凄いだけに、彼に一体何があったんでしょうかw
tm dinobot (4)
tm dinobot (5)
口は開閉可能で、意外とビーストモードでの可動範囲は広いです

tm dinobot (6)
tm dinobot (7)
ロボットモード
焼け焦げた恐竜だった ビーストモードに対しほぼ劇中通りの塗装のロボットモードです
何気にダイノボットって人間の歴史にも、TFの歴史にも重要な役割を果たしたキャラなんですよね~

tm dinobot (8)
tm dinobot (9)
そしてこのトイ最大のウリ、塗装で再現された口が追加された頭部
ヒーローチックな印象だった旧版から一転、一気にらしさが増しました

tm dinobot (12)
脚の塗装も金色が追加され劇中のイメージに近くなっています
tm dinobot (14)
つま先も塗装でそれっぽく再現されています
tm dinobot (15)
そして腹部にはメタリックブルーで塗装が追加されました

tm dinobot (13)
ロボットモードでの可動はそこそこといったところでしょうか

tm dinobot (10)
ビーストの尻尾が変形して剣と回転シールドに
シールドはスイッチを押すとグルグル回転します
このトイのお気に入りギミックヽ(´ー`)ノ

tm dinobot (11)
剣は銀色で塗っても良さそう

tm dinobot (16)
BWのトイに多かったビーストフェイスも健在です
頭蓋骨を被ったようなデザインが素敵
しかし昔から思ってたんですがこれ、ポケモンのカラカラじゃ・・・

tm dinobot (17)
チラッと覗く口がすごくカッコいいです

tm dinobot (18)
大昔にもレビューした後期国内版と
圧倒的にテレもちゃ版の方が情報量が多いですね
・・・しかしシマシマ・・・

tm dinobot (19)
実はダイノボットの金型は一回改修されてまして、白いラプトルでグリムロックというトイが97年頃発売されたんですが、そのトイで腹部にシークレットエンブレムが追加されたために若干仕様変更され、以降のこの素体のトイすべてが実はダイノボットではなくグリムの金型に統一されています
な訳でテレもちゃ版の腹部の四角い窪みはかつてその位置にシークレットエンブレムがあった名残ということになります
tm dinobot (20)
「俺ビースト辞めてモーニング娘。に入るわ!!・・・えっ、ダメ?」
以上、テレもちゃ版ダイノボットでした~

トイとしてはシールドの回転ギミックなど動かしてて楽しい要素があるのでこの型のトイはお気に入りですね
しかし後期トイのパケ裏に描かれていながらシリーズが打ち切りになった為に、恐らくラインナップに含まれていたライオコンボイや、合体パーツをオミットされた上にリストラされたセミなど、シリーズ展開には不満の残るものとなってしまった不幸なテレもちゃですw

・・・ライオといえばアメコミに出てくるカッコいいサイバトロンモードを制作しているメーカーの、
その後のライオに関する情報が全く出てこないんですが果たして・・・


トラックバックURL
http://rx782hhigurasi.blog90.fc2.com/tb.php/394-809fb1d2
トラックバック
コメント
このシリーズホントに私も好きでした。
豪華塗装のビーストⅡガルバトロンでてきてほしかったわ。
メガさま復刻回数多すぎに対し
ガルさまに関して全然復刻しませんし。
堕悪ハヤシ丸 | 2013.11.26 00:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top