QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RG ガンダムアストレイ レッドフレーム

2015.08.08 (Sat)
本日はRG最新作である、レッドフレームのレビューです
なお写真が多くなったんで二回に分けますw

rg astray (1)

rg astray (2)
rg astray (3)
ガンダムSEEDシリーズの外伝であるアストレイシリーズより、
ジャンク屋のロウ・ギュールが乗るレッドフレームがRGになりました
RGと言えば個人的感想になりますが、かつて初代ガンダム・ストライク・ジャスティスを作りましたが
パーツのポロリやら何やらが凄かったのであまり良いイメージが無いんです
キャスバルガンダムやハイネ運命等のストックは有りますが、
果たして現在どうなっているのか大好きなアストレイで確認ですw

HGと同じ1/144サイズながら、
内部骨格フレームを再現しフレームの動きに合わせて装甲がスライドして可動するという、
サイズを考えるとかなりトンデモギミックな本シリーズに合わせたのか、
ほぼMG版を縮小したかのようなデザインになってます

rg astray (4)
rg astray (5)
頭部アップ
さすがの色分けです
アンテナは設定上はV字型ですが、こちらはアレンジされてY字型に
所謂への字スリットはシリーズ共通で開口されてます

rg astray (6)
rg astray (7)
rg astray (8)
rg astray (9)
元々情報量の多いデザインのアストレイですが、MG版をベースにRGに合わせたパーツ分割により、
情報量が凄まじい事になってますw
なお赤と白のパーツは明暗2色に分かれているので、色味的にも単調ではなくなっています

rg astray (10)
フロントアーマーは可動式
太ももから膝にかけて線が繋がってるようなデザインはMG版同様です

rg astray (11)
足首の白いパーツは可動式、つま先は更に土踏まずの所辺りでも可動します

rg astray (12)
肘はこのくらい曲がります
なお手首の付け根に当たるパーツも設定通り可動します
rg astray (13)
肩は水平以上まで上がります
なお腹部も左右に曲がる関節が有ります
rg astray (14)
指はMGと同じ親指・人差指・残りの指というパーツ分割ですが、
更に第二関節が曲がるという、狂気に満ちた作りです

rg astray (15)
付け根側にもビルドバーニングのような可動があるので掌底をかますことも余裕でした

rg astray (16)
rg astray (17)
腰にも前屈用に引き出し式の関節が( ゚д゚)!!

rg astray (18)
バックパックは設定通りフレームが可動して腰側に持って行くことが出来ます

rg astray (19)
rg astray (20)
膝立ちさせるのが一番手っ取り早いですが、膝を曲げると動きに合わせて膝と太ももの装甲がスライドします
若干きつめなので壊さないように気を使いますw

rg astray (21)
ハイキックは余裕

rg astray (22)
シリーズ共通武装のライフルとシールド

rg astray (23)
rg astray (24)
シールドはグリップが可動式、ライフルは専用の手首が付属します
スコープもクリアパーツで別パーツ化・・・

rg astray (25)
両手持ちも可能

rg astray (26)
ライフルは腰にマウントすることも

rg astray (27)
続きは次回にて
ではまた~($・・)/~~~
トラックバックURL
http://rx782hhigurasi.blog90.fc2.com/tb.php/520-1a09c30d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。