QLOOKアクセス解析

BOTCON2005 ビュレントクローン

2017.03.16 (Thu)
はい、身内の結婚式やらなにやらでワタワタしてる内に3月が半分過ぎてしまいました・・・
今日は以前イベントで購入したボットコントイのレビューです・・・なお虫注意ですw

botkon2005 Virulent Clone 01

botkon2005 Virulent Clone 02
botkon2005 Virulent Clone 03
ボットコン2005にて会場限定販売されたトイです
実際は2体セットで売ってたみたいですが自分は単体で売ってたのをゲットしました
ビーストウォーズのトカゲとカマキリのフューザー戦士バズクローのリカラー品になります
ボックスセットの方にはバズクローと、ダージもあるので同じ型のバリエが3種出たことになりますねw
しかしホントに凄いデザインに配色・・・www

botkon2005 Virulent Clone 04
botkon2005 Virulent Clone 05
カマキリ成分がふんだんに出た頭部
猛毒の名前の通り非常に毒々しい色してますw

botkon2005 Virulent Clone 06
全体的にカマキリ成分が強いんですかね?
何処が境界線なのかわからない、フューザーとしては大正解な見た目

botkon2005 Virulent Clone 07
botkon2005 Virulent Clone 08
背中のレバーを操作すると鎌腕が左右にシャコシャコ開く、いかにも虫っぽいギミックがありますw

botkon2005 Virulent Clone 09
botkon2005 Virulent Clone 10
鎌の先にも可動があるので、見た目に反してよく動くトイです

botkon2005 Virulent Clone 11
botkon2005 Virulent Clone 12
そして以外にもアメコミヒーローチックなフォルムのロボットモード

botkon2005 Virulent Clone 13
botkon2005 Virulent Clone 14
クリアブラックのパーツに黄色を直塗りしてるので、最高にキモカッコイイお顔
黒く大きい目がグレイタイプのエイリアンを彷彿とさせて不気味さ倍増です

botkon2005 Virulent Clone 15
botkon2005 Virulent Clone 16
botkon2005 Virulent Clone 17
身体の末端部分にかけてのクリアブラックと黄色の配色センスに脱帽

botkon2005 Virulent Clone 18
ビースト時の鎌腕はこのポジションにするとテールバインダー的な何かになります
地味に可動時の支えとしても大活躍

botkon2005 Virulent Clone 19
ビーストトイでお馴染みのフリーポーサブルなのでかなり動きます
尻尾と鎌腕のお陰でかなり無茶もできたり

botkon2005 Virulent Clone 20
そしてそのままごっそり武器になるという
この迫力・・・!

botkon2005 Virulent Clone 21
流石に自立は難しいですが、腕の保持力が武器の重さに負けないのはサイズを考えると相当すごいのでは・・・!

botkon2005 Virulent Clone 22
いやーほんとこういう顔のTF大好き

botkon2005 Virulent Clone 23
botkon2005 Virulent Clone 24
また、ビーストの尻尾は取り外してシールドにもなります
そのままぶん殴っても良さそうw

botkon2005 Virulent Clone 25
こうして見ると普通に虫系TFなんですけどねー・・・w

botkon2005 Virulent Clone 26
以上ビュレントクローンでした!

元のバズクローからしてその最高にキモカッコイイデザインに一目惚れして探していたんですが、
中々出会えないでいた時にイベントで格安で発見しました
以外にも他のレビューサイトさん等でも紹介されている所が無く本体のみだったので詳しい設定は解りませんが、
海外のTFウィキを解読できるだけする限りボックスセットのバズクローとダージのクローン兵士的な感じかと
名前もそうですし

この型は触ってみて初めて良さが分かるTFだと思います
全ての纏まりが良いというか何というか・・・

ビースト時のバズクローもいつか欲しいなぁ・・・ではまた~($・・)/~~~
トラックバックURL
http://rx782hhigurasi.blog90.fc2.com/tb.php/575-ee9794f2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top